×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■作者が使用している関数定義
  • 著作権の取り扱いについては[→ このページ ]をご覧ください.
  • jsファイル(JavaScriptの関数定義をしているファイル)がスタイルシートファイルを参照しています.ファイルを使用されるときの書き方は[→ このページ ]を参考にしてください.
  • 作者作成の関数定義をそのまま使用されるときはページまたはメニューのどこかに 「ASAO法」と表示し,改良して使用されるときは「ASAO法>○○拡張」(○○はあなたの名前)のように表示してください.メールの往復にて承諾手続きを行います.
  • イントラネット内部のみ,またはパスワード設定されたディレクトリでの使用はお断りします.
  • ※ 作者が見つけられる不具合は訂正しましたが,ファイルの使用に当たってはWebページ作成者の責任において十分点検してお使いください.不具合等についてお気づきの点がございましたらお知らせください.
[→スタイルシートファイル] [→JavaScriptファイル]

■作者の使用している関数の関数ヘッダ,引数の意味,使用例及び見え方
◇分数関数◇

【関数ヘッダ】
cFrac_102(bunshi, bunbo, ue_shita, haba, bunshi_haba, bunbo_haba, ffamily, fsize)

直接版は
Frac_102(bunshi, bunbo, ue_shita, haba, bunshi_haba, bunbo_haba, ffamily, fsize)
---
【引数】
bunshi :分子の文字列
bunbo :分母の文字列
  -- (以上の2個は省略できない) --
ue_shita :その分数を用いる場所を表わす.
     'c','C','', または省略時→通常の分数
     't' または 'T' → 親分数の分子として使う
     'b' または 'B' → 親分数の分母に使う
haba :横線の長さ(省略時は分母分子の長い方の文字数)
     区切りとして長くするには大きめに指定
bunshi_haba :分子の文字数
     (省略時は文字列の長さで自動計算)
     分子に<span><input>などのタグや関数を用いるときは,それらが文字数に含まれないように bunshi_habaが必要
     また,√などを含む分子の位置を左(右)に調整したいとき,bunshi_habaを大きく(小さく)指定すればよい
bunbo_haba :分母文字数(以下は分子と同様)
ffamily :font-familyを表わす文字列
     (省略時は Comic Sans MS)
     読者のコンピュータに指定のfontがない場合に備えて,第1指定,第2指定,第3指定と複数個をカンマで区切って並べる方が安全
fsize :font-sizeをpx単位で表わした数字(:16)
【使用例】と【見え方】

<Script Language="JavaScript">Frac_102('2','3');</Script>




<Script Language="JavaScript">Frac_102( cFrac_102('2', '3', 't'), cFrac_102('4', '5', 'b'), 'c', '3','1','1');</Script>



<Script Language="JavaScript">Frac_102( 'x - 1', 'x + 2', '', '4','4','4', 'Times New Roman');</Script>



<Script Language="JavaScript">Frac_102( 'd<span class="ue">2</span>y', 'dx<span class="ue">2</span>', '', '3','3','3', '','24');</Script>


◇無理関数◇

【関数ヘッダ】
cRoot_102(shiki, mojisuu, ruijokon, ruijo, ffamily, fsize)

直接版は
Root_102(shiki, mojisuu, ruijokon, ruijo, ffamily, fsize)
---
【引数】
shiki :
右上の図でshikiと書いてある部分
mojisuu:
shikiの文字数.省略時は,shikiの文字列の個数を自動計算.shikiに<span>などのタグや関数を入れるときは省略できない.
ruijokon :右上の図でruijokonと書いてある部分
 (省略時または''のとき空文字:平方根)
ruijo :右上の図でruijoと書いてある部分
 (省略時または''のとき空文字)
ffamily :font-familyを表わす文字列
 (省略時は Comic Sans MS)
 読者のコンピュータに指定のfontがない場合に備えて,第1指定,第2指定,第3指定と複数個をカンマで区切って並べる方が安全
fsize :shikiの部分のfont-sizeをpx単位で表わした数字
 (省略時:16)
引数の意味


【使用例】と【見え方】

<Script Language="JavaScript">Root_102('5');</Script>


<Script Language="JavaScript">Root_102('x','','3','2');</Script><br>


<Script Language="JavaScript">Frac_102(cRoot_102('x + 1') + ' - ' + cRoot_102('x - 1'), cRoot_102('x'), '','14','14','2');</Script>

<Script Language="JavaScript">Root_102('x + 1','4','','','Times New Roman', '30');</Script>

◇指数関数◇
 当初は指数関数を独自に定義していましたが,font-sizeを可変にした結果,指数が分数や累乗根となる場合はそれらの合成ででき,指数関数の定義は凍結しています.
【使用例】と【見え方例】
<span class="az09">e<span class="ue"><Script Language="JavaScript">Frac_102( '1', 'x','','','','','','12');</Script></span></span>

e
<span class="az09">x<span class="ue">- <Script Language="JavaScript">Root_102( '2x', '','','','','12');</Script></span></span>

x-
◇積分記号◇
【関数ヘッダ】
cInt_102(a_top, a_bottom, b_top, b_bottom, ffamily, fsize)

直接版は
Int_102(a_top, a_bottom, b_top, b_bottom, ffamily, fsize)
---
【引数】
※ 第1引数〜第4引数を省略すれば不定積分の記号
a_top
:積分区間の下端の分子
 (省略時は区間の下端なし)
a_bottom :積分区間の下端の分母
 (省略時は,分母なしの整数・整式の扱いとなる)
b_top :積分区間の上端の分子
 (省略時は区間の上端なし)
b_bottom :積分区間の上端の分母
 (省略時は,分母なしの整数・整式の扱いとなる)
ffamily :font-familyを表わす文字列
 (省略時は Comic Sans MS)
 読者のコンピュータに指定のfontがない場合に備えて,第1指定,第2指定,第3指定と複数個をカンマで区切って並べる方が安全
fsize :被積分関数に用いる予定の文字のfont-sizeをpx単位で表わした数字
 (省略時:16)
【使用例】と【見え方】
<Script Language="JavaScript">Int_102();</Script><span class="az09">f(x)dx</span>

f(x)dx
<Script Language="JavaScript">Int_102('0', '', '1', '');</Script><span class="az09">x<span class="ue">3</span>dx</span>

x3dx
<Script Language="JavaScript">Int_102('π', '6', 'π', '2');</Script> <span class="az09">sin x dx</span>

 sin x dx
<Script Language="JavaScript">Int_102('π', '6', 'π', '2','Times New Roman','22');</Script> <span class="az09" style="font-size:22px;font-family:Times New Roman;">sin x dx</span>

 sin x dx


◇ベクトル◇
【関数ヘッダ】
cVec_102(shiki, haba, ffamily, fsize)

直接版は
Vec_102(shiki, haba, ffamily, fsize)
---
【引数】
shiki :文字の部分
haba :shikiの文字数(省略時は,shiki部分の文字数を自動計算.shiki部分に<span><input>などのタグを代入するときは,タグの文字数を自動計算で参入されないようにhabaが必要.この引数は矢印の長さを指定するものなので添字があるとき,見かけ上の文字数よりも少なくする方が自然に見える.)
ffamily :font-familyを表わす文字列
 (省略時は Comic Sans MS)
 読者のコンピュータに指定のfontがない場合に備えて,第1指定,第2指定,第3指定と複数個をカンマで区切って並べる方が安全
fsize :文字のfont-sizeをpx単位で表わした数字
 (省略時:16)
【使用例】と【見え方】
<Script Language="JavaScript">Vec_102('p');</Script>


<Script Language="JavaScript">Vec_102('AB');</Script>


<Script Language="JavaScript">Vec_102('P<span class="suffix">1</span>P<span class="suffix">2</span>','3');</Script>


<Script Language="JavaScript">Vec_102('x','','cursive','18');</Script>

◇極限記号◇
【関数ヘッダ】
cLim_102(shiki, atai, ffamily, fsize)

直接版は
Lim_102(shiki, atai, ffamily, fsize)
---
【引数】
shiki :右上図に示したshiki部分の文字
atai :右上図に示したatai部分の文字
ffamily :font-familyを表わす文字列
 (省略時は Comic Sans MS)
 読者のコンピュータに指定のfontがない場合に備えて,第1指定,第2指定,第3指定と複数個をカンマで区切って並べる方が安全
fsize「本文に用いる文字の」font-sizeをpx単位で表わした数字
 (省略時:16)


【使用例】と【見え方】
<Script Language="JavaScript">Lim_102('n', '∞');</Script><span class="az09">n(n - 1)</span>
n(n - 1)

<Script Language="JavaScript">Lim_102('x', '1','Times New Roman','20');</Script><span class="az09" style="font-size:20px; font-family:Times New Roman;">(x - 1)</span>
(x - 1)
◇Σ記号◇
【関数ヘッダ】
cSum_102(hajime, owari, ffamily, fsize)

直接版は
Sum_102(hajime, owari, ffamily, fsize)
---
【引数】
hajime :初項を表わす文字( = は書き込む)
owari :末項の文字
ffamily :font-familyを表わす文字列
 (省略時は Comic Sans MS)
 読者のコンピュータに指定のfontがない場合に備えて,第1指定,第2指定,第3指定と複数個をカンマで区切って並べる方が安全
fsize「本文に用いる文字の」font-sizeをpx単位で表わした数字
 (省略時:16)
【使用例】と【見え方】
<Script Language="JavaScript">Sum_102('k = 1', 'n');</Script><span class="az09">k(k + 1)</span><br><br>

k(k + 1)

<Script Language="JavaScript">Sum_102('m = 0', 'n - 1','','12');Frac_102( '1', '(m + 1)(m + 2)', '', '13','1','13', '','12');</Script>



<Script Language="JavaScript">Sum_102('i = 0', 'n - 1','Times New Roman','24');</Script><span class="az09" style="font-family:Times new Roman; font-size:24px;">k<span class="ue" style="font-falimy:Times New Roman;">3</span></span>
k3

◇2×2行列◇
【関数ヘッダ】
cMatrix22_100(L11, L12, L21, L22, sisuu, n11, n12, n21, n22, ffamily)

直接版は
Matrix22_100(L11, L12, L21, L22, sisuu, n11, n12, n21, n22, ffamily)
---
※ 今のところfont-sizeは固定値:16pxのみ
【引数】
L11〜L22 :(1,1)成分〜(2,2)成分.単純な文字や数字を成分とするときは,文字数n11〜n22は省略できる.<span><input>などのタグや関数を成分とするときは,n11〜n22は省略できない.
sisuu :正方行列のべき乗指数
n11〜n22 :L11〜L22の文字数.各列ごとの成分の長さに応じたセンタリング,右側余白の調整に用いる.右側余白を小さく(大きく)取るには,この数字を小さく(大きく)する.
ffamily :font-familyを表わす文字列
 (省略時は Comic Sans MS)
 読者のコンピュータに指定のfontがない場合に備えて,第1指定,第2指定,第3指定と複数個をカンマで区切って並べる方が安全
【使用例】と【見え方】
<Script Language="JavaScript">Matrix22_100('- 2', '5', '3', '- 12');</Script>





<Script Language="JavaScript">Matrix22_100('- 2', '1 + ' + cRoot_102('2'), '3', '- 12','','','5');</Script>




○メニューに戻る