×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

《2次不等式》・・・2次関数のグラフがx軸と共有点を持たない場合
解説
《要約》
y=ax+bx+cがx軸と共有点をもたないとき,y=ax+bx+cはどのxに対しても正となるので,2次不等式の解は次のようになります.
<問題の形>         <答の形>
ax+bx+c>0(a>0) → xはすべての数
ax+bx+c≧0(a>0) → xはすべての数
ax+bx+c<0(a>0) → 解なし
ax+bx+c≦0(a>0) → 解なし
 

問題 グラフを参考にして,2次不等式の解を選びなさい.
(1)
2次不等式 x2+x+1>0の解は

(2)
2次不等式 2x2−2x+3<0の解は

(3)
2次不等式 x2−2x+5≦0の解は

(4)
2次不等式 3x2+7x+8≧0の解は

(5)
2次不等式 2x2−4x+9<0の解は

(6)
2次不等式 x2+4x+5>0の解は

(7)
2次不等式 x2+2x+7≧0の解は

(8)
2次不等式 3x2−x+2≦0の解は

←メニューに戻る