×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
整式の割り算(文字係数)
 cを実数とする.xの整式
 A=x−(c−2)x−(3c−1)x+(2c+5c+8)x+c+2c+2 をxの整式B=x−cx+1で割ったときの余りをpx+qとすれば,p=c+[ ク ]c+[ ケ ],q=c+[ コ ]c+[ サ ]である.とくに,c=[ シス ]のとき,AはBで割り切れる.
(1998年度センター追試験の引用)
《ノーヒントで解答を試みる》
ク=,ケ=,コ=,サ=
シス=



《ヒントを求む→》


←メニューに戻る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



<ヒント>
(考え方):素朴に割り算を行う

AがBで割り切れる,すなわち余りが0となるのは
+5c+6=0・・・(1) かつ c+3c+2=0・・・(2)
(1)よりc=−2,−3 (2)よりc=−1,−2
(1)(2)とも成り立つのはc=−2


↑問題に戻る