×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
Σ等比数列
《解説》
4・3k-1のように等比数列の和となるものは,公式に機械的に当てはめるのでなく,初項,公比,項数の3要素に分けて読み取り
 (等比数列の和)=
に代入するとできます.
 このように,ΣkやΣk2などと異なり,Σ(等比数列)は,初項,公比,項数の3要素の読み取りが大切です.



 
例1

 =・・・答
<等比数列の3要素の解読>
  • k=1を代入:a=
  • k=2,3などから比較して公比r=2
  • 1〜nで項数

例2

・・・答
<等比数列の3要素の解読>
  • k=2を代入:a=192
  • k=2,3などから比較して公比r=4
  • 1〜nで項数n だから2〜nではn-1

例3

・・・答
<等比数列の3要素の解読>
  • k=0を代入:a=1/3
  • k=2,3などから比較して公比r=3
  • 1〜nで項数n だから0〜nではn+1
《問題》
 左辺に等しいものを右辺から見つけなさい.左辺から1つ選び,続けて右辺から1つ選びなさい.合っていれば消えます.間違えば♪〜.)
 



















 
 

←メニューに戻る ↑問題の順序を変えて,もう一度する