×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
三辺→角
《解説》
■ 余弦定理 a=b+c-2bc・cosA をcosAについて解くと, となり,三角形の三辺の長さが分かれば,角A(の余弦)が求められます.B,Cについても同様です.これを利用すると,三辺の長さが与えられた三角形の任意の角が求められます.(数表がなければ30°,45°,60°,90°,120°,135°,150°となる角, 数表があれば任意の角が求められます)

■ 例題
 △ABCにおいて,A=5,B=12,C=13のとき角Cを求めなさい.
 (答案)
 cosC=(122+52-132/(2・5・12)=0 だからC=90°・・・(答)



《問題1》 △ABCの三辺の長さが左のように与えられているとき,この三角形の角度について正しいものを右から選びなさい.
(ルール:左の式を一つクリックし,続けてをクリックしたとき,合っていれば消えます.間違えば♪〜.)



















 
 

←メニューに戻る ↑問題の順序を変えて,もう一度する  
《問題2》
 
(1)

 △ABCにおいて,AB=7,BC=5,CA=6であるとき,sinA=[  ]である.
 

(東北学院大入試問題からの引用)
左の空欄をの形で埋めると,
ア=,イ=,ウ=