×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
2次関数のグラフと直線(文字係数)
--(2次不等式を学んでからすること)

1
 放物線 y=x2+kx+3 と直線 y=x+1 のグラフが接するとき定数kの値は
k=

[ア]=,[イ]=,[ウ]=

2
 放物線 y=x-2kx-k+2 がx軸と相異なる2点で交わるような定数kの値の範囲は,k<[ア],k>[イ]

[ア]=,[イ]=

3
 放物線 y=2x2+3 が直線 y=4x+k と共有点を持たないような定数kの値の範囲は,k<[ア]
[ア]=



 放物線 y=x2+kx+k(k+1) とx軸が接するとき定数kの値は
k=

[ア]=,[イ]=,[ウ]=


 放物線 y=x2+2x+k が 直線 y=x+1と相異なる2点で交わるような定数kの値の範囲は 

[ア]=,[イ]=


 放物線 y=2x2+4(k+1)x+2k2+5k-1 のグラフがx軸と共有点を持つような定数kの値の範囲はk≦[ア]

[ア]=


 x2+2kx+3k が(実数)xのどのような値に対しても,つねに2より大きくなるような定数kの値の範囲は,[ア]<k<[イ]

[ア]=,[イ]=


 放物線 y=x2-kx+k-1 がどんなxの値に対しても直線 y=x-2の上側にあるような定数kの値の範囲は,[ア]<k<[イ]

[ア]=,[イ]=


 どんなxの値についても,つねに kx2-2kx>x2-2k となるような定数kの値の範囲は,k>[ア]
[ア]=

10
 不等式 kx2+2kx+2k-6>0 も kx2+2kx+2k-6<0も解を持つような定数kの値の範囲は,[ア]<k<[イ]

[ア]=,[イ]=

←メニューに戻る