×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ 文字係数→頂点の座標
 
■センター試験 1998年度 数1・A 本試験 第1問[1]の一部引用
a を実数とするとき,放物線
 y = x2 + ax + a - 4
の頂点のy座標は

[ア]=
[イ]=
[ウ]=
■センター試験 1999年度 数1・A 本試験 第1問[1]の一部引用
a,bを自然数とし,2次関数
y=x2-4ax+4a2-4a-3b+9
のグラフをCとする。このとき,Cは頂点の座標が

( [ア]a, -[イ]a - [ウ]b + [エ] )

の放物線である。

[ア]=
[イ]=
[ウ]=
[エ]=
■センター試験 2003年度 数1・A 本試験 第1問[1]の一部引用
2次関数
  y = -2x2 + ax + b
のグラフをCとする。Cは頂点が
の放物線である
[ア]=
[イ]=

●===メニューに戻る