×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆英語版原文のURL◆ http://www.math.union.edu/~dpvc/jsMath/authors/welcome.html
jsMathの著者のための情報
 jsMathを使用してWebページで数式を表示するのは難しくない. 最初に、ダウンロードのページからのjsMathのパッケージを得て,これを解凍してjsMathの基本リンクから始めなさい. 詳細やjsMathの発展的な機能を使用するための情報については,下にある追加のリンクを読みなさい.

jsMathの基本
  概観
  インストール及びテスト
  jsMathの開始
  jsMathの構成
  tex2mathの制御

プラグイン
  tex2math プラグイン
  オートロード プラグイン
  mimeTeX プラグイン
  smallFonts プラグイン
  noImageFonts プラグイン
  global,noGlobal プラグイン
  noCache プラグイン
  CHMmode プラグイン
  spriteImageFonts プラグイン

拡張
  AMSmath 拡張
  AMSsymbols 拡張
  boldsymbol 拡張
  moreArrows 拡張

jsMathのカスタマイズ
  font 警告の変更または除去
  フォント・サイズまたは他の属性の変更
  jsMathボタンおよびコントロールパネルの属性の変更
  jsMathボタンをクリックする属性の変更
  他のjsMathの属性の変更
  多数のjsMath変数の調節
  jsMathへのfontの追加
  jsMathのためのマクロの定義
  jsMathにおけるローディングの拡張

高度なトピックス
  画像fontを用いないjsMathの使用
  Webページの一部分だけ処理
  jsMathを使用したダイナミックは数式
  documentのヘッダにおけるjsMath のローディング
  ブログや掲示板へのjsMathの追加
  自作バージョンによるjsMathのオーバーライド
  jsMathとの調和
  あなた自身のjsMath用 font の作成


バージョン2に関するドキュメントは,旧バージョンのjsMathを使用している人にも,まだ有効である.

↑== jsMath